PFTM Charts

PFTM or Profitability FrontierTM charts provides a visual of two key performance metrics of a business year-on-year (Y-O-Y). PF charts allow you to benchmark and compare companies as well as yours, against the best-in-class for a particular period in time. PFTM charts plot the Y-O-Y change in Net Profit (y-axis) and the total Revenues (x-axis) of a group of companies. Using the median of the plotted companies, we are able to highlight those that have done better than others along the two metrics.

PFTMチャート

PFTM or Profitability FrontierTMチャートは、 Business前年比の2つの重要なパフォーマンス・メトリックを画面で提供します。 PFチャートは、特定の期間のクラス最高のものに対し、あなたや会社を比較したり、基準値を設定できます。 PF™チャートは、純利益(y軸)と企業グループの総売上高(x軸)で前年同期比の変化のデータを配置します。 データを配置された企業の中央値を使用して、我々は2つの測定基準に沿った他より優れたものをハイライト表示することができます。



ACAMTM Charts

ACAMTM or Ability-Capability Assessment ModelTM charts provide you with a perspective to identify productive and financially strong companies. The objective of a business is to create value, i.e. to make profits. However, the ability to maximize a business’ profitability through strategic choices and productivity, differ across industries, sectors and markets. This together with the financial strength of a firm allows us to identify companies with good fundamentals. It also allows us to identify industries and sectors with good fundamentals. The ACAMTM charts plot the Net Profit per Employee (y-axis) and Shareholder’s Equity per Employee (x-axis) of a group of companies. The former computation is a common financial ratio that measures productivity and strategic effectiveness. The latter computation is a measure of a firm’s underlying financial strength and gives insights into how capital resources are used and ploughed back into the business. Employee numbers are used as the divisor to normalize the numbers and allows us to compare, in some measure, companies across markets, sectors and industries. ACAMTM charts have many uses as they look a business across time. It helps identify markets, sectors and industries that have strong fundamentals and which could be a source of partners, alliances, business opportunities. Using the median of the plotted companies, we are able to highlight those that are fundamentally stronger than others along the two metrics.

ACAMTMチャート

ACAMTMや能力(能力評価モデル™チャート)は、生産性と財政的に強い企業を特定するために新しいものの見方を与えてくれます。 ビジネスの目的のひとつは価値を創造すること、すなわち利益を得ることです。 しかし、戦略的な選択と生産性を通して、ビジネスの利益性を最大化にする能力は、産業、セクターや市場で異なります。 これは、会社の財務力と共に、良好なファンダメンタルズを持つ企業を特定することを可能にします。 それはまた、良好なファンダメンタルズで産業やセクターを特定することを可能にもします。 ACAMTMチャートは、従業員当たりの当期純利益(y軸)と企業グループの従業員一人当たり株主資本(x軸)としてデータを入れ込みます。 前者の計算は、生産性と戦略的有効性を測定する一般的な財務比率です。 後者の計算は、企業の基盤となる財務力の尺度であり、どの様にして資本的資源を使用し、ビジネスに投資されているか洞察を加えています。 従業員番号は、番号を正常化するために除数として使用され、市場、セクターや産業全体に会社を、ある程度、比較することができます。 時間を越えビジネスを見るように、ACAMTMチャートは多くの用途を有します。 それは、強いファンダメンタルズを持つ市場、セクターや産業を特定するのを助け、パートナー、提携、ビジネスチャンスの源となりえます。 プロットされた企業の中央値を使用し、2つの測定基準に沿った他より基本的に強いものをハイライト表示することができます。

What do the Charts tell us?

Every PFTM and ACAMTM chart is partitioned into 4 quadrants – Q1, Q2, Q3, and Q4 – by the median of the population sample. The median can be the global median of all companies in the database or the sector or industry.

4 quadrants

Each quadrant tells us something about the companies in the industries, sectors and markets.

Quadrant 1 (Q1) – Best In Class

You want to be here! The countries, sectors, industries or companies that are in this quadrant are “high achievers”. From the PFTM perspective, those in this quadrant have out performed at least half of the others in terms of both Y-O-Y Net Profit growth and Y-O-Y Revenue growth. From the ACAMTM perspective, those in this quadrant have, vis-à-vis others achieved higher productivity and efficiency in their business (NP/Employee) as well as being in a stronger financial position. So, if you are looking for a place to find good businesses, partners or opportunities, this is a great place to start.

Quadrant 2 (Q2) – The Underperformers

Those in this quadrants are not performing as well as they should but have the potential to change and get back to glory days. However, the ability to bounce back depends on several factors, some of which include the product or service, business model, manpower, the strength of the competitors, the actual amount of resources available, etc. Q2 countries, sectors, industries and companies have usually done well in the past, however, the circumstances for their success has changed and they need to also change.

Quadrant 3 (Q3) – The Beleaguered

You do not want to be here…if you had a choice! The countries, sectors, industries or companies that are in this quadrant have underperformed vis-à-vis half of the others along all the metrics. There are many reasons why one is here, but the important thing is to find a way to get out of the rut. Strategy change is a must, because status quo does not work any more. Tough decisions need to be made and the deeper down and left into the quadrant, the tougher it is to get out. Frequent benchmarking of one’s position in the market can help stem the downward spiral. Those closer to the median centre naturally have a better chance of moving up and out.

Quadrant 4 (Q4) – The Outliers

Those here are probably the most interesting of the lot. They are more productive and efficient than others but the more interesting question is how did they get there? There are many possibilities but most would probably entail the use of capital and resources. For example, manpower upgrading, increase use of technology, acquisitions, process re-engineering, etc. They are also interesting as their position hangs in the balance. They can easily fall into Q3 but at the same time, they have the opportunity to build on the value created, reinvest and save in order to move towards Q1.



The strategy options for each business or individual when they analyze the charts will differ. For example, Q1 provides for great longer term investment opportunities and even alliances and partnerships; Q2 could be a source of great “bargains”; Q3 is a good place to look for merger and acquisition targets or turnaround companies; and Q4 is a source for companies with potentially higher upside growth in the near future.



チャートから学ぶものとは?

PFTMとACAMTMチャートは、集団サンプルの中央値により四分円法(Q1, Q2, Q3 & Q4)に仕切られます。 中央値は、データベースまたはセクターや業界内のすべての企業のグローバル中央値とすることができます。

4 quadrants

それぞれの四分円は、産業、セクターそして市場内の企業について、我々に何かを伝えます。

四分円1(Q1) 最高値

この位置に居たいでしょう! この四分円に入る国、セクター、産業または企業は、成績優秀者です。 TM の観点から、この四分円にある前年比純利益増と前年比収入増の両方に関して、少なくとも他より優れていました。 TM の観点から、四分円のそれらは、より強い財務状況だけでなく、高い生産性や効率性を彼らの仕事(NP/従業員) において成し遂げられる他のものと比較しました。 あなたが良い企業、パートナーや機会を見つけるための場所を探しているのであれば、これはスタートするのには最適な場所です。

四分円2(Q2) アンダーパフォーマー

四分円にあるこれらは、彼らがやらなくてはいけない程には行われいませんが、変化する可能性があり、全盛期にもどるかもしれません。 しかし、回復する能力は、製品やサービス、ビジネスモデル、人材、競争相手の力、運用できる実際の資産など、いくつかの要因によって決まります。 Q2の国、セクター、産業そして企業は、過去立派に成し遂げられてきました。しかし、成功するための環境が変化しているため、彼ら自身もまた変化 す必要があります。

四分円3(Q3) 包囲

もし、選ぶことができるなら、貴方はここにはいたくないでしょう。 この四分円に属する国、セクター、産業または企業は、全ての測定基準に従って、他の半分と比較して平均以下でした。 ここに属しているには多くの理由がありますが、重要なことは、マンネリからぬけ出す方法を見つけることです。 現状はもはや動かないため、戦略の変化は絶対に必要なことです。 難しい決断が必要とされ、四分円の左側へと更なる深みになり、そこからの脱出はより厳しいものとなる。 タフ決定がなされる必要があると厳しいそれが出て取得することです、象限にダウン深いと左。 市場において一つのポジションのベンチマークをよく行うことは、下方スパイラルを阻止することができます。 中央に近いものは必然的に、上や外部に移動する可能性が 中間地点に近いものは自然に上昇し、うちのよりよいチャンスが高まります。

四分円4(Q4) 外れ値

こちらが一番関心が高いでしょう。 彼らは他よりも生産性がよく効率的であるにもかからわず、なぜここに位置しているのでしょう。 それには多くの可能性がありますが、多くは資本と資源の活用を含まれるでしょう。 たとえば、人材の改善、技術、収集、根本的改革などの増強。 油断を許さない状態のポジションにいる場合は、関心があるでしょう。 彼らは、Q3に簡単に落ちることができますが、同時に、Q1にむかって移動するために、企業が生む価値、再投資や節約を行 うことで機会を得ます。

チャートを分析する際のそれぞれの企業や個人のための戦略オプションは異なります。 例えば、Q1は、長期的な投資機会、さらには提携や協力関係をも提供します。 Q2は、大きな掘り出し物の元になりえます。 Q3は、合併や買収のターゲットまたはターンアラウンドのための会社を探すのには、最適な場所です。 そしてQ4は、近い将来、より高い上向き成長する可能性のある会社の元といます。

Seek

Seek out and identify the best performing markets, sectors and industries.

Every chart is divided into four quadrants using the performance data of the companies in the market model. The quadrants help you to identify those markets, sectors and industries that have outperformed or underperformed others across four metrics – year-on-year growth in net profitability and revenues, and productivity and capability. Identifying the best possible market, sector or industry is the important first step towards making good investment decisions.

探求

市場、セクターそして産業において最適なパフォーマンスを探し、確認してください。

全てグラフ(チャート)は、市場モデルの会社のパフォーマンス・データを使って、4つの四分円に分けられています。 4つの測定基準(純収益性と収益、および生産性と能力の前年比伸び)全体に他を上回ったか下回ったか、 それらの市場、セクターと産業を確認することを四分円はあなたを助けます。 最高の市場、セクターまたは産業を確認することは、投資判断を果たすことへの重要な第一歩です。



Benchmark

Benchmark businesses with each other within or across markets, sectors and industries.

A business is never on hold or idle mode. Opportunities and threats to a business can come from any where and in many forms. Businesses need to constantly benchmark themselves against the best in class so as to be on their toes and ready to take on an opportunity or defend against potential threats to the business. Using the standard market models or developing your own market model, you will be able to minimize the risk to your business and increase the value of your business.

ベンチマーク

市場、セクターや産業内もしくは間で、互いにベンチマーク事業を展開しています。

ビジネスは、ホールドもしくはアイドル状態になることは、決してありません。 ビジネスに対する機会と脅威は、形を変え何処からでも訪れることができます。 ビジネスに対する潜在的脅威に対して、いつでも防御するか、機会を引き受けるかの準備ができているように、 クラスの中の最高に対して絶えず自分自身をベンチマークでテストする必要があります。 標準的な市場モデルを使うか、あなた自身の市場モデルを開発するか、あなたのビジネスへのリスクを最小限 に抑え、ビジネスの価値を高めることができます。



Identify

Identify businesses with strong fundamentals and potential growth.

Individuals might see the benefits of identifying the markets, sectors and industries that have companies with strong fundamentals and potential for growth. One such benefit is to provide the investment portfolio with more stability. Businesses might see the same benefits but perhaps from a different perspective. For example, identifying companies with strong business and performance fundamentals could be useful when entering into partnerships, collaborations or alliances.

識別

強固なファンダメンタルズと潜在的成長でもってビジネスを識別して下さい。

個人は、強固なファンダメンタルズと潜在的成長する会社のある市場、セクターと産業を識別 する利点を見えるかもしれません。 そのような利点は、より安定した投資ポートフォリオを提供することを目的とします。 企業は、異なる視点から仮定以外の同じ利益を見えるかもしれません。 例えば、パートナーシップ、コラボレーションや提携に加わる際に、強力なビジネスおよびパフォーマ ンスの基礎を企業に特定することは有用でしょう。



Make and Plan

Make strategic decisions and plans with updated information.

Most, if not all, businesses will make one or all of three major decisions during the course of doing business. They would make decisions about how to compete with other businesses, sales and marketing, and new product or service development. Each of these decisions will be driven by two things – where they stand amongst others in the marketplace and the resources they have. By using the market models, a business is able to clearly and objectively see where it stands in the scheme of things and then plan a course of action that would help the company to continue creating value on a sustainable basis.

計画をたてる

戦略的な意思決定と更新された情報で計画を立てて下さい。

全てでないにしても、企業は取引を行う過程で、1つまたは3つの主要な意思決定の全てを行います。 他の企業、販売、マーケティングや新製品及びサービスの開発など、競う方法について決定を下すことになります。 これらの決定の其々は、以下の2つのものによって推進されます。 それは、企業が保有している資源と市場です。 市場モデルを用いることで、物事のあるべき姿でたった時、ビジネスは客観的かつ明確に見ることができる。そして、 会社が持続可能な原則のうえで価値を創り続けることを助ける行動方針を計画して下さい。



Track

Track the performance of markets, sectors, industries and individual businesses across time.

For a firm to create value and generate profits on a sustainable basis, and to do so with as little risk as possible, it will have to keep abreast of how the markets, sectors and industries are developing. The risk intelligence firm does not just track the developments of the immediate market, sector or industry it is in, but also have in place a means of tracking the developments of adjacent segments to their business. In a globalized world where the geographical barriers to goods and services have been blurred or broken down, it is not enough for businesses to be narrow in their views. Technology, the Internet and the mobility of persons and talent have only made it more important for businesses to be global-ready. Tracking performance across markets, sectors and industries have never been easier now with profitstrail.com.

追跡

時間を通して、市場、セクター、産業と個々の企業の業績を追跡して下さい。

価値を創造し、継続的に利益を生み出し、できるだけ少ないリスクでそれらを行える会社のためには、いかに市場、 セクターや産業の開発が遅れを取らない様にするかである。 リスクインテリジェンスカンパニーは、間近の市場、セクターまたは産業の発展を追わないだけでなく、彼らのビジネス に隣接したセグメントの開発を追跡する手段さえも適当にします。 商品とサービスへの地理的障壁がぼやけたり崩壊したグローバル化された世界では、それは、企業にとって自身の 見解を狭めるには十分ではありません。 テクノロジー、インターネットや人と才能の移動性は、企業がグローバル進出するために、より重要としているだけでした。 市場、セクターそして産業にわたっての追跡性能は、Profitstrail.comにより今までになく簡単になりました。



Future Possibilites

Using unique Sandbox feature, build your own market or sector model for analysis.

The world we operate in is both volatile and dynamic and that gives rise to both opportunities and challenges. Rather than view your market in one dimension and make important decisions with a narrow view, a business needs to look at potential future scenarios and be prepared for them. Whilst it is not possible to look at every single scenario, being able to visualize a scenario that is best for the business and taking the proactive step to get there is still better than just not doing anything and becoming a victim of circumstance. Each business will have their own unique point of view of what their operating market is or should be. By using the unique Sandbox feature in profitstrail.com, a business is able to create several models of the market and allow for creative strategic planning to make the most of the markets. The projected performance data, will go a long way in helping you see where the markets, sectors and industries are headed.

将来の可能性

ユニークなサンドボックス機能を使うと、分析のためのご自身の市場もしくはセクターモデルを構築することができます。

我々が動く世界は、不安定かつ活動的であり、好機と挑戦の2つをもたらします。 あなたの市場を一次元で見て、偏狭な見方で重要な決定をするよりはむしろ、ビジネスは潜在的将来のシナリオを見て、 それらの準備ができている必要があります。 ありとあらゆるシナリオを見ることができない間、シナリオを視覚化できることはビジネスに最適であり、そこに到着するため の予防的処置を取ることは、何もしないで偶然の犠牲者にならないより良いです。 それぞれのビジネスは、それらのオペレーティングマーケットがあるか、もしくはなければならないという独特の観点を持ちます。 profitstrail.comにおいてユニークなサンドボックス機能を使うことで、企業はいくつかのモデルを構築し、市場の大 部分を創るために創造的な戦略計画を可能にすることができます。 計画されたパフォーマンスデータは、市場、セクターや産業がどこに向かているかを知るために大きな役割を果たすでしょう。